【スポンサードリンク】

郵便局であっても、投資信託はリスクのある商品

郵便局でも2005年の10月から、投資信託が販売されています。

低金利になってからも、安心感から銀行の貯金から、郵便局の貯金へお金が流れていました。

郵便局というと、どうも安全なイメージは根強く、手堅い商品、安心できる商品が販売されているというイメージを持つ方が多いようです。

投資信託を販売する際には、金融機関はその商品のリスク(損失が発生する可能性)について説明する義務があります。私達は郵便局とは言えども、説明をしっかり聞いて、自身の判断で購入するしないを決めかければなりません。

これは郵便局投資信託であっても同じです。

この低金利の時代にローリスク、ハイリターンな金融商品などは考えられません。従ってリターンを期待するのであれば、リスクもある程度覚悟しなくてはなりません。そこで、どれくらいのリスクを取って、それぐらい投資するかを良く考えて投資する必要があります。

当初は郵便局員が不慣れであったこと、また顧客の郵便局だから安心といった誤った印象からトラブルもあったと聞きます。また郵便局ごとに販売のノルマがあるのではないかとの噂も絶えません。

顧客とのトラブルを防止、また郵便局を利用する顧客層へ投資信託を正しく理解してもらうために、各郵便局では資産運用セミナーを開催しています。

http://www.yu-cho.japanpost.jp/toushin/seminar/index.htm

このようなセミナーを積極的に利用して、郵便局で取り扱っている投資信託について正しい知識を得ましょう。

郵便局で取り扱っている投資信託の種類

現在、郵便局で販売している投資信託は、郵政公社のホームページでは、現在7つの投資信託が販売されています。

  • 野村世界6資産分散投信(投資対象:株式/債券/リート、対象地域:世界)
  • 大和ストックインデックス225ファンド(投資対象:株式、対象地域:日本)
  • GS日本株式インデックス・プラス(投資対象:株式、対象地域:日本)
  • 住信日本株式SRIファンド(投資対象:株式、対象地域:日本)
  • 日興五大陸株式ファンド(投資対象:株式、対象地域:日本を除く、世界の先進国と新興国)
  • 日興五大陸債券ファンド(毎月分配型)(投資対象:債券、対象地域:日本を除く、世界の先進国と新興国)
  • DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)(投資対象:リート、対象地域:世界)

それぞれの目論見書など詳細は

http://www.yu-cho.japanpost.jp/toushin/search/03.html この中で、私がお勧めするのは野村世界6資産分散投信です。

野村世界6資産分散投信は今のところ郵便局でしか買えません

野村世界6資産分散投信郵便局でしか購入することのできない投資信託です。この投信は成長コース、安定コース、分配コースの3コースがあって、コース毎に株式、債券、リートの比率を変えて組み合わせているバランス型の投資信託(インデックスファンド)です。成長コースは株式比率が高く、安定・分配の両コースは債券の比率が高くなっています。

この投資信託のメリットは3コース間を自由に乗り換えができることです。長期的な運用を行う場合、若いうちは成長コースで積極運用して、中年になったら安定コースでリスクを減らし、実際に使う際には分配コースにすることで、取り崩しながら生活費に充てるような運用が簡単にできる投資信託です。

全国の郵便局で購入できるので、お勧めできる投資信託です。

難点は販売手数料が1.575%と若干高めなことです。

野村世界6資産分散投信は品質がとても良い投資信託だと思います。この投資信託1本で長期的な資金計画を立てることが可能な投資信託です。

販売手数料が下がれば最高ですね。

投資信託の取り扱い郵便局はこちら

http://www.yu-cho.japanpost.jp/toushin/trade/fund_agency.html

スポンサードリンク


スポンサードリンク